トップへ

自由民主党 衆議院議員 兵庫県第七選挙区支部(西宮市・芦屋市)

後援会会員募集

2019.7.7

本日は「かだ裕之」参議院議員候補のために、世耕弘成経済産業大臣が神戸に応援に来てくださいました。
世耕大臣は、ご自身も今回の改選で選挙がある中、地元を離れての来神です。
かだ必勝に向けて頑張ります。
暑い中、お集りくださった皆様、ありがとうございました。
2019.7.7

第40回西宮甲子園ライオンズクラブ杯、小学生野球大会を激励。
暑い中なので、関係者への謝辞を述べた上で、挨拶は短く一言、「頑張ってください!」とだけ申し上げました。
2019.7.5

ブマコフ駐日モルドバ大使が来省され、最近のモルドバ情勢、経済・文化交流などについて意見交換しました。
モルドバワインの話になり、対日輸出(日本にとって輸入)促進のご要望かと思ったら、むしろ日本の農家やワイン製造者にモルドバの多種多様なワインの製法を学んで欲しいと。
それではモルドバにメリットがないのでは?と伺ったところ、歴史あるモルドバの多様なワインを広めて知っていただきたいとのこと。
そう言う発想もあるのかと気づかされました。
2019.7.4

だんだん「さて、私は今どこでしょうか?」シリーズみたいになってきました。
朝から参議院議員候補かだ裕之の出陣式、街頭演説応援X2か所を終え、公務のため上京。
ルワンダのジェノサイド解放25周年記念レセプションに出席し、日本国政府を代表して祝辞を述べました。
ルワンダは神戸市とも交流が深く、本夕は神戸からも多くの関係者がお越しになっていました。
政府間の交流だけでなく、自治体、ビジネス、学術と様々なレベルで交流が深まることは両国間の絆が一層強くなり、素晴らしいことです。
2019.7.4

参議院議員選挙開始。
兵庫県では自民党公認候補「かだ裕之」を全力で応援ております。
阪神・淡路大震災発災当時、神戸新聞社の関係会社に勤務しており、被災現場を見て回る中、使命感に燃えて政治の世界に入り、県議を4期16年務めてきました。
真面目で熱く、行動力にあふれ、県議会でも実績を出してきました。わが党が自信をもって公認した候補です。
世の中では、「自民党は大丈夫だから、、、」という浮ついた空気がありますが、何の根拠もありません。開票してみたら「こんなはずじゃなかった」という例はゴロゴロあります。
無責任な風評に足を引っ張られることのないよう、しっかりと脇を締めて選挙戦を乗り切る必要があります。
皆様のご支援をよろしくお願いいたします。
本日、かだ裕之を応援のために暑い中、お越しいただき耳を傾けて下さった皆様に感謝申し上げます。
暑い中での選挙戦となりますが、皆様、体調管理には十分お気をつけられて、ご自愛ください。
2019.7.3

夕方にカナダ出張から戻りましたが、早速外務省で仕事です。
来日中のインツコ、ボスニア・ヘルツェゴビナ上級代表と会談し、意見交換しました。
同国の平和と安定のための和平合意の履行に対して引き続き連携していくことを確認しました。
2019.7.2

ウクライナの改革に関する国際会議。
ウクライナに対する日本の支援の実績を説明し、ゼレンスキー大統領の改革路線を支持し、ウクライナの主権と領土の一体性を尊重するというわが国の立場について表明しました。 海外の会議ではよくあることですが、会議冒頭から時間が押して、出発時間ギリギリとなりましたが、何とか無事、意見陳述ができ、任務完了。これから帰国します。
2019.7.2

ウクライナのズーブコ副首相兼地域発展・建設・公共サービス大臣と会談。
ウクライナの改革に対する日本の支援、質の高いインフラ投資について説明。
ウクライナの主権と領土の一体性を尊重するわが国の立場を表明。内外情勢について意見交換しました。
会う人が揃って、服装の色をほめてくれるので、何故か聞いてみたところ、たまたまですが、ネクタイの色がウクライナカラー🇺🇦でした。
たまたまではなく、わかっててやっていると言った方が良いと言われました。
もちろんですw
せっかくなので、次の日の会議もこれで行くことにしました。
2019.7.2

7月1日夕方より1泊3日の弾丸出張。
カナダ・トロントで開催されるウクライナの改革に関する国際会議に出席し、日本の考えと取組について表明して参ります。
緯度が高いため日没が遅く、到着早々のフリーランド外相主催の夕食会の後、夜21時半から二国間会談を行い、明日の午前に会議でスピーチをした後、直ぐに経ちます。
この時期、地元にて各種会合にお招きをいただきながら、出席が叶いません。誠に恐縮ですが公務ゆえご容赦願います。
2019.6.30

水無月の大祓式と茅輪神事
あっという間に今年も半年を過ぎ、一年の折り返しになりました。
半年の間に知らず知らずのうちに積もり重なった罪穢れを祓い、気持ちを切り替えて新たな気持ちで頑張ってまいります。
2019.6.30

芦屋市女性消防団「バーディーズ」が、今秋の全国女性消防操法大会に出場することになり、激励会に参加しました。
消防団は地域防災の要であり、日頃より市民の安心・安全を守るため、また市民の防災意識の向上のためにご尽力頂いています。
近年、全国的に担い手が不足している中、女性の消防団員さんは貴重な存在です。
身近な女性消防団員さんが全国大会で活躍して下さることは、大変心強く誇りに思います。
大会への出場により、団員のモチベーションアップと団結の強化が図られ、また、後に続く人のあこがれや希望につながれば幸いです。
11月13日(水)横浜赤レンガ倉庫で開催されますが、私も時間の都合がつく限り応援に行きたいと思います。
優勝を目指して頑張って下さい!
2019.6.27

G20に出席される首脳のお出迎えを終えて、夕方は東京に戻りマダガスカルの独立59周年記念レセプションに出席しお祝い申し上げました。
2019.6.27

トルコ・エルドアン大統領のお出迎え。
2019.6.27

セネガル・サル大統領のお出迎え。
2019.6.27

エジプト・エルシーシ大統領のお出迎え。
2019.6.27

アルゼンチン・マクリ大統領のお出迎え。
2019.6.27

インド・モディ首相のお出迎え。
2019.6.26

第198回国会閉会。
国会審議は一区切りとなりましたが、これで仕事が終わったわけではありません。
G20大阪サミットに参加される各国の首脳が来日されることから、明日は早朝より関空でお出迎えです。
2019.6.25

コンゴ民主共和国より来日されたアトキ外務・地域統合省次官と会談。
本年1月のチセケディ大統領就任に際して総理特使として訪問し、大統領ご本人とお会いしましたが、本年8月に横浜で開催予定のTICAD7には,是非、大統領にご出席いただけるよう重ねて依頼しました。
経済協力を含む二国間関係,国連安保理改革や拉致問題を含む北朝鮮情勢等の国際場裡における諸課題についても意見交換を行いました 。
2019.6.24

TICAD官民連携推進特使の委嘱式
日本とアフリカ諸国とのビジネス関係強化のため,官民連携の必要性が一層増大していることを踏まえ,アフリカで事業活動を行う日本企業(39社)の代表者に「特使」を委嘱することとし、この日ご出席いただいた34社の代表の方に委嘱書をお渡ししました。
本制度を活用し、人的ネットワークの構築やアフリカにおける投資環境改善の働きかけを行っていただくようお願い申し上げました。
2019.6.24

ルーマニアEU議長国終了記念レセプションにご招待いただき、外務省を代表して挨拶申し上げました。
EUは28の加盟国が半年毎に輪番で議長を務めています。本日はフロアEU大使の立会の下、ルーマニアのヨシペル大使から次期議長国フィンランドのオルパナ大使にEU旗の引継ぎが行われました。
2019.6.22

本日は、やまだ賢司政経セミナーを開催しましたところ、ご多忙の中にもかかわらず、大勢の方々にご来場いただき、無事終了することができました。
本当にありがとうこざいました。
来たる参議院選挙においては、兵庫県の加田裕之をまずトップで勝たせること、そして多くの仲間を勝たせるよう頑張ります。
解散は99.3%なくなった?と言われてますが、我々は常在戦場。何があっても勝てるよう気を引き締めて頑張ります!
引き続きのご指導、ご支援をよろしくお願い申し上げます。
2019.6.21

ルクセンブルク大公国の国祭日記念レセプションに出席し祝辞を述べました。
フェリング大使閣下は令和初の信任状奉呈をされた大使でメディア等も報じられたこともあり、令和初の話題で盛り上がりました。
2019.6.21

ウズベキスタン共和国より、クチカーロフ国家生態系・環境保護委員会委員長が来日され、会談。
政治,経済,教育,文化,地方交流等の多岐に亘る分野において両国間の関係を深化させるべく意見交換しました。
2019.6.21

キルギス共和国よりボロノフ第一副首相が来日。
昨年末の同国訪問時にお会いし、今般再開できた喜びを伝え、投資協定をはじめ両国間の連携強化について意見交換しました。
2019.6.19

第14回国連犯罪防止刑事司法会議(京都コングレス2020)が来年、京都で開催されるのに先立ち、京都コングレス2020を成功させる議員連盟総会が開催。
私も議連メンバーではありますが、この日は法務省の山下大臣に引き続き、外務省を代表して挨拶申し上げました。
また特別顧問として谷垣先生がお越しになられました。とてもお元気にしておられ嬉しい限りです。
2019.6.18

18日,外務省において, ビジネスと人権に関する行動計画に係る諮問委員会(※)第1回会合が開催されました。

※ビジネスと人権に関する我が国の行動計画の策定において,関係府省庁の諮問に応じ,様々な分野の有識者の見解を示すために設置された委員会。
2019.6.17

日・サウジ・ビジョン2030共同グループ閣僚級会合に世耕経済産業大臣とともに出席。
経済交流、人材育成など様々な分野に関する連携について作業部会の報告を受けた後、成果文書に署名、交換しました。
2019.6.17

この度、 国連ビジネスと人権作業部会ラマサストリ委員の表敬を受け、ビジネスと人権について意見交換。
2019.6.9

この度、 自民党司法制度調査会において、「司法外交」を含む「司法制度の新たな展開」として提言書が取りまとめられ、上川調査会長より河野大臣に手渡されました。(私も今回は、受領側として陪席致しました。)
私個人としても、我が国が「法の支配」を旗頭にして世界に呼びかけているのに対し、我が国自身、国際法の担い手たる人材が手薄であり、この分野の人材強化の必要性を痛感しているところで、問題意識を共有しております。
ビジネスでもスポーツでもルールを制する者が勝負を制すると言えます。国際交渉においてもルールを理解しルールを制する側に立つことが肝心です。
私は、本当はそれは我が国の得意分野であるはずであり、我が国はそこで勝負していくべきだと考えています。
他方で、国際機関、国際裁判所に日本人を採用するよう要請しようにも、肝心の候補者がいなくては話になりません。
また、我が国が当事者となる国際交渉で勝つための即戦力の人材も必要ですが、将来の担い手となる人材のすそ野を広げる中長期的な方策も重要です。
さらにいえば、まず国際法を学ぶ動機付け、「国際法を駆使して世界と渡り合うってカッコいい」と感じてもらえるような機会があれば、すそ野が広がるのではないかと考えています。
2019.6.6

アフリカビジネス協議会開催
TICAD7官民円卓会議の議論を経て先般、採択された「民間からの提言書」を受け、日・アフリカ間の貿易、投資及びビジネス関係促進を目的に、一過性のものではなく、常設の会議体として「アフリカビジネス協議会」を立ち上げました。
アフリカ諸国が日本に期待しているのは、もはや援助ではなく投資であり、その主役は民間企業です。
民間企業が投資や事業進出を行うにあたっての具体的な課題を共有し、アフリカにおけるビジネス環境改善、スタートアップ企業支援をはじめ、官民が連携して働きかけを行い、ビジネスの拡大を図ろうとするものです。
2019.6.4

チュニジア戦略学研究所のジャッルール所長が来訪。
チュニジアの経済、文化交流、二国間協力などについて意見交換しました。
2019.6.4

官邸にて経協インフラ戦略会議に出席。
外務省の取り組みについて報告致しました。
2019.6.3

カメルーンに設置されている機関で、アフリカ大陸内に配置される警察及び文民治安専門家を養成・教育訓練する治安・平和部隊国際学校(EIFORCES) 校長のビトテ准将の訪問を受けました。
平和と安定を通じた二国間関係の強化を確認するとともに、中部アフリカ地域の情勢などについて意見交換しました。
2019.6.2

海上自衛隊阪神基地隊開隊67周年記念行事
阪神基地隊は私が議員当選前よりお世話になってきました。最近はゆっくり訪れる機会がなく、掃海艇を見るのも久しぶりで懐かしく感じました。
67年の長きにわたり、この地で活動して頂いていることに感謝です。
2019.6.1

西宮菊花協会、毎年恒例の菊の苗配布。
大勢の人が配布開始時間前からお越しになっていて、毎年楽しみにしていると仰る方も沢山いらっしゃいました。
日本の代表的な花である菊に多くの方が親しみ育てて頂くきっかけとなる取り組みだと思います。
秋の菊花展での作品展示に加え、市民向けの苗配布を通じた菊の普及は勿論ですが、こうした活動に関心を持って菊花協会の会員が増えること、それも若い世代の参加が広がればと思います。